そもそもコラーゲンってなに?不足するとどうなるの?これだけは知っておきたいコラーゲンの基礎知識!

こんにちは。ゆうです。

 

今日は「コラーゲン」に関する記事です。

 

よく「コラーゲンはお肌に良い」とか「アンチエイジングに効果がある」だとか言われてますが、あれって本当なんでしょうか?

 

これを知るためには、そもそもコラーゲンがどういった働きをして、身体にとってどのようなポジションを占めているのかを考えなければいけません。

 

一緒に見ていきましょう。

 

 

そもそもコラーゲンって?

 

コラーゲンはたんぱく質の一種です

 

たんぱく質のことはご存知ですよね。血液や筋肉を形作る重要な成分で、酵素の元となる生命維持に欠かせない成分です。

 

筋トレ関連の記事でよく見かけるこの「たんぱく質」という成分ですが、実際には臓器皮膚などのあらゆる部分を構成しています。

 

人間の身体の約20%はこの「たんぱく質」からできています。

 

よって、たんぱく質が不足すると体の様々な部分の劣化が起こり始めるのです。

 

 

さて、コラーゲンの話に戻ります。

 

コラーゲンはこの「たんぱく質」のうち約30%を占めています。20%の30%…つまり体全体で言うと約6%になるんですかね。

 

そして、このコラーゲンのうち約40%が皮膚に存在します。

 

40%という数字を聞くだけでも皮膚との関連が深いことが伺えますね。

 

コラーゲンが皮膚とどのように関わっているのかを知るには、コラーゲンの役割がどのようなものであるのかを知る必要があります。次にその役割について見ていきましょう。

 

コラーゲンの役割

 

コラーゲンの役割は、主に細胞同士を結びつけることに有ります。

 

細胞と細胞の間には、コラーゲンを主成分とする「細胞外マトリックス」というものが存在し、これによって外から細胞を守っています。

この「細胞外マトリックス」が体の内側から他の組織を支え細胞同士を結びつける役割を果たしているのです。

 

よってコラーゲンは体の形成に不可欠の成分と言えます。

 

コラーゲンと美容の関係

 

さて、本題ですね。

 

ここまで見てくださった方は、コラーゲンと肌が深く関係していることをわかっていただけたと思います。

 

ではコラーゲンを摂取するとどの程度美容に効果があるのでしょうか。

 

コラーゲンと肌

 

コラーゲンは真皮を構成する成分のうち約70%を占めています。

 

そのため、コラーゲンが不足すると肌は弾力を失ってカサカサになり、シワやたるみが出やすい肌質になってしまいます

 

また慢性的なクマの原因ともなりますので、肌への影響力は非常に大きいです。

 

コラーゲンと髪

 

コラーゲンは髪質にも大きく影響します。

 

医学的な研究によると、コラーゲンペプチドを摂取することで髪の毛の太さが増し、髪質にツヤを与える効果があることが判明したそうです。

 

逆に言えば、コラーゲンが不足すると髪の毛が細くなり抜け毛が多くなってしまうということです。

 

コラーゲンが美容成分として重宝されている理由がわかった気がしますね。

 

コラーゲンの一日の摂取量目安

 

それでは、コラーゲンは一日にどれくらい摂取すれば美容効果があるのでしょうか。

 

その量は一日約10g程度です。

 

一日10gのコラーゲンを摂取すれば、骨や関節、肌などの重要部位に効果がしっかりと反映されます。

 

しかし普通の食事では10gのコラーゲンを摂取するのはなかなか難しいと思われます。

 

その理由は、次のコラーゲン量が多く含まれる食品を見て頂ければわかると思います。

 

      コラーゲン量(100gあたり)

牛すじ   4,980mg(4.9g)

フカヒレ  9,920mg(9.9g)

鶏軟骨   4,000mg(4g)

鮭(皮あり)2,420mg(2.4g)

うなぎ   5,400mg(5.4g)

 

「あれ、意外とたくさん含まれてるな」と思われた方もいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

毎日シャケを4枚も食べますか?フカヒレを100g食べますか?

 

毎日のように上の食材を買ってたら出費がばかにならないですよね。

 

つまり、一般人が普通の食事からコラーゲンをしっかりと摂取するのは結構難しいのです。

 

不足したコラーゲンはサプリで摂ろう

 

なんだかんだ言っても毎日不足するであろうコラーゲンをしっかり摂取するにはサプリを用いるのが一番です。

 

どんなものがいいかわからない!」という方の為に、オススメのサプリを紹介します。

 

わたしの最近のオススメはコラーゲンゼリーの『コラーゲンプレケアα』ですかね。

 

コラーゲンプレケアαで美味しくコラーゲン補給!

 

コラーゲン配合のゼリー状の食品で、一本で1gのコラーゲンを摂取することができます。

 

ちょっと甘酸っぱいブルーベリー味が美味しいので、不足したコラーゲンを楽しく摂取することができますよ。

 

一本1gというのもいいですね。

量が多すぎるとコラーゲンの過剰摂取によって消化不良や脂肪蓄積、ニキビなどの原因となってしまいます

 

一本1gなら普段の食事で不足した分だけ効率的に摂取することができるので、過剰摂取の心配はなさそうです。

 

コラーゲンのほかにもエラスチンやヒアルロン酸などの美容成分が入っているので、美容全般に効果があるゼリーとなっています。

 

気になった方は是非こちらから詳細をご覧ください。

 

【ご購入はこちらから】不足したコラーゲンを摂取して肌質改善!美味しく食べられるゼリー『コラーゲンプレケアα』

 

まとめ

 

というわけで、今日はコラーゲンの基礎知識について書いてきました。

いかがでしたでしょうか。

コラーゲンは肌を構成する最重要成分だったんですね。

それを知ったからには毎日シャケを食べまくるしかありませんね!笑

ちなみにわたしは、皮は食べる派です。